« 萌(燃)えた!セリフで、百合作品を紹介してみよう 第2回「かみさまのいうとおり第1巻」 | トップページ | トリコロ完全復活の日はいつ…… »

2006年4月15日 (土)

萌(燃)えた!セリフで、百合作品を紹介してみよう 第3回「火目の巫女」

間違えて消してしまったので、もう一度書き直しました。

「ふふ。見つけましたわ。返事をしてくださらないなんて、意地悪ですのね」(佳乃)

「言ったよね。いつきちゃんのこと、守るって」(常和)

「おまえを、そいつに渡したくない」(伊月)

どういうシーンでのセリフだか紹介したいのですが、激しくネタバレしてしまうので、今回は割愛させていただきます。

火目の巫女(小説)杉井光作、かわぎしけいたろう画、電撃文庫メディアワークス刊、

あらすじは一部カバー折り返しから引用させていただきました。

 その国は化生と呼ばれる異形の怪物たちに脅かされ、人は化生を討つ弓・火渡を授かるただ一人の」”火目”の存在により彼らに対抗していた。
 火目候補”御明かし”たちが集う宮中の火垂苑。化生に村を焼かれた伊月、どこか謎めいた盲目の佳乃、無邪気で才能あふれる常和。三人は時に諍い、時に助け合いながら火目を目指す。火垂苑からの脱走、化生との遭遇と戦い――。様々な出来事を通じ三人は絆を深めていく。

始めは、一つの目標に向かって進んでいく単純な友情物だと思っていたのですが、”火目”という存在の真の意味が明らかになってくる、中盤、後半から、話がどんどん重く(というか暗く)なっていきます。
終わり方も、救いはありますが、完全ハッピーエンドというわけではないので、少しでも暗かったら嫌という人にはおすすめしかねます。
僕も、こういう終わり方は嫌いというわけではないのですが、少し後味が悪かったですね。

|

« 萌(燃)えた!セリフで、百合作品を紹介してみよう 第2回「かみさまのいうとおり第1巻」 | トップページ | トリコロ完全復活の日はいつ…… »

コメント

しばらくネットにつなげない状態が続いていた物で、返事がむちゃくちゃ遅れました。本当に申し訳ありません。
サイトのほうも見せて頂きましたが、かなり充実したリストですね。個人的にラノベは全く未知の領域なので、参考になります。
リンクの件、承知いたしました。というかまだ若輩者ですので、こうして気にかけてくださる方がいらっしゃるというのは大変ありがたいです。こちらからもリンク貼らせて頂きますね。
では、失礼します。

投稿: SAVOIA | 2006年4月16日 (日) 02時03分

コメントありがとうございます。
いろいろな方の目に触れる機会が増えるので、リンクを貼っていただけるのはとてもありがたいです。

>サイトのリスト
自分の個人的なお気に入り度しか書いていないので、これから客観的な百合評価も加えていこうと思います。


まだまだ私も若輩者ですが、これからよろしくお願いします。

投稿: 夢雫宮 | 2006年4月16日 (日) 17時30分

この記事へのコメントは終了しました。

« 萌(燃)えた!セリフで、百合作品を紹介してみよう 第2回「かみさまのいうとおり第1巻」 | トップページ | トリコロ完全復活の日はいつ…… »