« お気に入りのセリフで百合作品紹介第9回「隣のドッペルさん~瞳の中の妖精~」 | トップページ | ないしょのラッキードール »

2006年5月21日 (日)

永遠のフィレーナ

あああ、やってしまった……

できるだけ毎日更新を心がけていたのですが、昨日は更新できませんでした。

それというのも、最近、タイトルにあるゲーム『永遠のフィレーナ』にはまっていたからです。

スーパーファミコンソフトで、元はアニメージュで連載されていた小説で、OVAもあるそうです。

詳しくはこちらで紹介されているものを参考にしてください。

12時になる前に更新しようとしたのですが、ストーリーがかなり終盤だったため、結局エンディングまで突っ走ってしまいました。

主人公フィレーナ偽妻役だったリラが、どんどんフィレーナに惹かれていく様は非常に気に入り、掘り出し物だと思いました。

百合的に、おいしいシーンがけっこう楽しめましたし、1周するのに約12時間ぐらいと、普通のRPGより短めだったので良かったです。
小説版やOVA版も気になるところですが、ブックオフとかに行かないと無さそうですね。
個人的に、本の中古は触りたくないんで、復刻版とか出てくれたらいいなと思います。

|

« お気に入りのセリフで百合作品紹介第9回「隣のドッペルさん~瞳の中の妖精~」 | トップページ | ないしょのラッキードール »

コメント

こんにちは、なんか同士をみつけたみたいで嬉しくなったので、コメントさせてください。
僕がフィレーナをやったのはもう何年も昔ですが、今でも覚えています。
ほんと、百合的にいいですよね。
しかし、12時間クリア、、、猛者ですね(笑)
僕はもっと時間がかかりました。
敵と戦うのが、苦痛で苦痛で(;´Д`)
主人公達以外で好きなのは、女酋長(犬の飼い主だったかな)でした。
あああ、名前が思い出せないorz

投稿: kouzii | 2006年6月17日 (土) 15時43分

こんにちは、コメントありがとうございます。

私の場合、レベルアップが異様に早いと感じたので戦闘は苦痛ではなかったですね。
それよりも、序盤での、フィレーナの目が薬での火傷から治るまでが苦痛でした。
移動する度に画面にモザイクがかかって、目が悪くなりそうでしたよ。しかも、治るまでけっこう時間かかったし……
まあ、そこでくじけなかったから百合的においしい目を見れたので我慢してプレイしたかいがありました。

女酋長の名前ですが、たしか……

って、私も忘れてしまいました。たしかに良いキャラだったんですけどねえ。

フィレーナとリラの印象が強くて他のキャラの印象が薄いですね。

あ、でも、犬の印象は強いです。
ラスボス戦で最強のダメージゲッターでしたから。
犬強えぇぇぇ!!と思いましたね。

投稿: 夢雫宮 | 2006年6月17日 (土) 23時28分

はじめまして。
永遠のフィレーナつながりで
お邪魔します。
犬のギャッピーの飼い主であり
遊牧民のリーダー格の名前は
アマネラです。
とにかく女の子だらけのゲームでしたね。

投稿: swimie | 2006年6月22日 (木) 22時23分

swimieさん、はじめまして、コメントありがとうございます。

>アマネラ
そういえば、そんな名前でしたね。
アから始まるというのは覚えていたんですけど(^^;

>女の子だらけのゲーム
予想外でしたが、良い方向で予想を裏切られましたね。

投稿: 夢雫宮 | 2006年6月24日 (土) 00時01分

おお、そうだ、アマネラでした。
ついでに犬の名前も思い出させてもらってラッキーですたw
チャッピーだったかな?って迷って、書き込まないで置いたのですがw
僕も、ギャッピーは結構強かった記憶があります。
どこかの戦車ゲームとは違って。(ってマイナーネタなんですが。)

>フィレーナの目
そういえば、そんなことも有りましたね。
戦闘になると普通の画面になるので、いちいち安心していたような。(攻撃もそこそこ当たりましたよね?)
ああいう効果は辞めてもらいたいですね(;´Д`)

投稿: kouzii | 2006年6月28日 (水) 11時11分

>どこかの戦車ゲーム
もしかして、メタルマックスとかそんな感じのタイトルですか?
何か犬が戦車に乗っている戦闘シーンをどこかで見たような気が……
うろ覚えですが(^_^;

>ああいう効果
演出としては、「そう来たかぁ」って感じで悪くないと思ったんですが、いかんせんその状態が長引きすぎましたね。
何度もうやめたいと思ったことか(苦笑)

投稿: 夢雫宮 | 2006年6月28日 (水) 22時59分

この記事へのコメントは終了しました。

« お気に入りのセリフで百合作品紹介第9回「隣のドッペルさん~瞳の中の妖精~」 | トップページ | ないしょのラッキードール »