« 夏バテ | トップページ | 流れ流れていくよ時の河は »

2006年7月 5日 (水)

ウィッチマズルカ[Ⅰ.魔法、使えますか?]

ウィッチマズルカ (1).魔法、使えますか? Book ウィッチマズルカ (1).魔法、使えますか?

著者:水口 敬文
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する


はぁ、堪能……

手放しで褒めます。
良かった、実に良かった。
僕の好みに完全にあてはまる内容でした、大満足です。

使用時に、個人ごとに違う種類の偽りの花が咲くという魔法の発動のさせ方もおもしろかったです。
最初のカラー口絵で見ることができますが、できたらもっと魔法発動時のシーンをイラストで見たかったですね。
そういえば、登場人物の一人が魔法発動時百合の花を咲かせるのですが、これが今後のこのキャラの方向性の暗示だったら良いなあと思っています。

物語後半では、登場人物が兄弟姉妹の在り方について、完全に対立する意見をぶつけ合いますが、僕は主人公側の意見に共感しました。
ああいうストレートな想いは読んでいて本当に気持ち良いです。

姉妹愛って強いなぁ。

最後に、百合とは関係ないのですが、今回、とても気に入った心に残ったセリフを紹介したいと思います。

「ですが、あなたはもう知ってしまいました。もう知らなかったあなたには戻れません」
「これから何をすべきかは、あなたがお決めなさい。正解はないでしょう。ですから、あなたの心と誇りが望むままに行動しなさい。それがあなたにとっての正解となるはずです」

世の中には、知って良かったと思う事もあれば、知らなければ良かったと思う事もあります。
ですが、どちらにせよ、知ってしまえば知らなかったことにはできません。
後者のような状況になった時、一つの道標として思い出したいと思えるような言葉でした。

|

« 夏バテ | トップページ | 流れ流れていくよ時の河は »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。