« 「アオイシロ」だってーっ!? | トップページ | アカイイト 絆の記憶 »

2006年7月16日 (日)

アカイイト

アカイイト開発チームの次作アオイシロの開発開始を祝って今日からアカイイト関連の作品を紹介していきたいと思います。

まずは本家本元のゲーム版アカイイトから

http://www.success-corp.co.jp/software/ps2/akaiito/

発売元はサクセスで、ジャンルはアドベンチャー、対応機種はPS2です。
初回版には特典としてアンソロジーコミックがついていましたが、現在入手が容易なのは廉価版になります。

ストーリーは
母親と二人暮らしだった、主人公の少女羽藤桂が、母親と死別して、遺産として残された父親の実家を見るために、経観塚と呼ばれる地へ向かうところから始まります。

は新しい出会いや親しい人との旅先での偶然の再会などを通して、自分に流れるのことや、経観塚のこと、自分の過去のことを知っていきます。
それらの体験を通して生まれる新しい絆
今、運命の輪が廻り出します。

簡単にまとめると妖の類が出てくる和風伝奇ホラーですね。
フルボイスなので全てのセリフを聞いているとけっこう時間がかかりますが、せっかく声優さんたちががんばってくれたので、プレイされる時はできるだけ聞いてみてください。
起動音や、セーブ・ロード時の音声を好きなキャラに変えられるたので、楽しかったです。
時間帯によって起動音も変わりますし。
ああ、でも、個人的にサクヤさんの声は「んーっ?」って思いましたけど。真田アサミさんはでじこヴィータの他にこんな声も出せるのかと意外ではありましたが。

オプション面では、一度見た、オープニングムービーエンディングムービー各種エンディングを閲覧できるのが良かったです。お気に入りのエンディングは何度も繰り返して見ました。
あと、プレイ中に、今、自分が通っているルートを確認できて、話の内容ごとにブロックでわかれているのですが、確認できるだけで、ブロック間の移動ができなかったのがちょっと面倒臭かったです。
かまいたちの夜―特別編―みたいにブロック間で移動できるシステムならもっと良かったのに。

それと、このゲームには用語辞典なるものもありまして、ストーリーを進めて、対応する言葉が出る度に用語辞典が埋まっていきます。
有名なところからけっこうマニアックなところまでいろいろな用語のうんちくを知ることができます。

|

« 「アオイシロ」だってーっ!? | トップページ | アカイイト 絆の記憶 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。