« 最近の憂鬱 | トップページ | にこは神様に○○ナニされる? »

2007年9月29日 (土)

みすてぃっく・あい

みすてぃっく・あい (ガガガ文庫) (ガガガ文庫 い 3-1) Book みすてぃっく・あい (ガガガ文庫) (ガガガ文庫 い 3-1)

著者:一柳 凪
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

幻想百合ミステリー(帯より)作品です。

小学館ガガガ文庫でこんな話が読めるとは思いませんでした。

良い意味で予想を裏切られましたね。

百合  ミステリー  叙述トリック  量子力学

これらの言葉に反応した人は楽しめると思います。(まあ、ここを見ている時点で大抵の人は百合には反応しますよねw)

冬休み中に寮に残った、美術部の4人の少女の3日間が綴られます。

主人公の蝶子が、幼なじみのせりかと、部活の先輩に迫られ、決断を迫られますが、物語は意外な方向へ向かっていきます。

勘の良い人は、前半で、どういう話になるか予想できるかもしれませんね。私の場合は、話の流れは読めましたが、叙述トリックに気付けませんでした。私的には、叙述トリックはひっかかるのが醍醐味なので、大いに楽しめましたが。

折り込みチラシによると、作者は、『少女セクト』に影響を受けてこの作品を書こうと思ったそうですw

ところで、叙述トリックを使った作品で私が大好きなのが、集英社コバルト文庫リリカル・ミステリーシリーズです。作者は友桐夏さん、イラストは水上カオリさんです。

毎回いろいろな叙述トリックが出てきて、その都度騙されて、実に楽しいです。1作目『白い花の舞い散る時間』が微百合(そうでもないかも)で、2作目『春待ちの姫君たち』はけっこう友情百合な感じが楽しめます。叙述トリックや、作品内容的には1作目が1番好きですね。既刊は4冊です。

白い花の舞い散る時間 (コバルト文庫) Book 白い花の舞い散る時間 (コバルト文庫)

著者:友桐 夏
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

春待ちの姫君たち―リリカル・ミステリー (コバルト文庫) Book 春待ちの姫君たち―リリカル・ミステリー (コバルト文庫)

著者:友桐 夏
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今、一番新刊を心待ちにしている作家さんです。

|

« 最近の憂鬱 | トップページ | にこは神様に○○ナニされる? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みすてぃっく・あい:

» みすてぃっく・あい [徒然不定記]
「百合風呂」さんで紹介されてたライトノベル。曰く、 百合  ミステリー  叙述ト... [続きを読む]

受信: 2007年10月29日 (月) 20時18分

« 最近の憂鬱 | トップページ | にこは神様に○○ナニされる? »