« 二丁目路地裏探偵奇譚 第3巻 | トップページ | 仮面ライダーW(ダブル) 第2話「Wの検索/街を泣かせるもの」感想 »

2009年9月 6日 (日)

仮面ライダーW(ダブル) 第1話「Wの検索/探偵は二人で一人」後半感想

仮面ライダーW(ダブル)第1話後半の感想です。

部屋広ェー!

今度はゾクゾクかいっ!

ドーパント、ガイアメモリの説明出た!

地球(ほし)の本棚、何となく、アカシックレコードとか無限書庫とか浮かんだ。

フィリップのベルトの位置高過ぎない?

別々の場所にいても変身できるんだ。あ、変身ポーズがWになってる。

倒れちゃったよ……
アバンじゃあ肉体消えてなかったっけ?演出の都合?

やっぱマフラー、イイ(ΦωΦ)

ダルシム?ルフィ?

割れたΣ( ̄□ ̄)!サムスピの断末奥義思い出した。

必殺技ぶちかましても死なないんだ。良かった。

車というとやっぱり、ライドロンを思い出すな。

玩具ベルトの付属メモリ4つ?残り2つは別玩具付属か……って、何か玩具多いな。

次回、もう仲間割れかよ……

さて、第1話視聴終了しましたが、全体的に楽しく観られました。今回のシリーズは、話がわかりやすそうで良いですね

|

« 二丁目路地裏探偵奇譚 第3巻 | トップページ | 仮面ライダーW(ダブル) 第2話「Wの検索/街を泣かせるもの」感想 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダーW(ダブル) 第1話「Wの検索/探偵は二人で一人」後半感想:

« 二丁目路地裏探偵奇譚 第3巻 | トップページ | 仮面ライダーW(ダブル) 第2話「Wの検索/街を泣かせるもの」感想 »