« 仮面ライダーW(ダブル) 第9話「Sな戦慄/メイド探偵は見た!」感想 | トップページ | 仮面ライダーW(ダブル) 第11話「復讐のV/感染車」感想 »

2009年11月15日 (日)

仮面ライダーW(ダブル) 第10話「Sな戦慄/名探偵の娘」感想

サブタイトルを見て、『名探偵失格な彼女』を連想した。亜樹子、あれの主人公と気が合いそうだ。

ナスカの背中のアレ、そういう使い方もできるんだ。エクシードギルスみたい。
「市販品ごとき」字幕見なきゃ聞き取れなかった。

テラー、流石の貫禄。

亜樹子、珍しく反省。

……

してねーΣ( ̄□ ̄)!
心情も吐露されて、ちょっと見方を改めてみるかと思った矢先にこれだよ。

博物館にある物から市販のメモリは作られてるのか?

印象だけで犯人扱いとか、亜樹子、最悪だ!

あら、もうダブルの正体バレちゃったよ。

他のパティシエどこ?
『食べて批評するのと作るのは大違い』当たり前だ(^^

バイクにバルカン!マフラーパージ!良いわー。

霧彦さん(^^;

発信機再登場。これからもちょくちょく出てきそう。
亜樹子、一瞬覚醒。

コウモリ便利だなー。
ジョーカーグレネイド、飛び上がる所は格好良かったのに……
あと、グレネイドが聞き取れなかった。

あ、他のパティシエも出てきた。

若菜、皮肉は言うのに姉のこと怖いのか。そして、霧彦さん、また裸(^^;

屋敷と幹部を関連付けようとしないの?
と思ったけど、家人が変身するところは見てないのか。まあ、少しは引っかかってるんだろうけど。

翔太郎がビギンズナイトを受け入れるのはいつの日か。次回、バイクスタントに期待

|

« 仮面ライダーW(ダブル) 第9話「Sな戦慄/メイド探偵は見た!」感想 | トップページ | 仮面ライダーW(ダブル) 第11話「復讐のV/感染車」感想 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダーW(ダブル) 第10話「Sな戦慄/名探偵の娘」感想:

» ◎仮面ライダーW第10話「Sな戦慄/名探偵の娘」 [ぺろぺろキャンディー]
 仮面ライダーW(ダブル)、ナスカ・ドーパント、スイーツ・ドーパントの三つ巴の戦いにテラー・ドーパントの不可思議な力が襲いかかってきた。途端に危険を察知した3体はそれぞれに脱出。変身を解除した翔太郎(桐山漣)は、これまでに体験したことがない恐怖に体の震え...... [続きを読む]

受信: 2010年3月29日 (月) 21時18分

« 仮面ライダーW(ダブル) 第9話「Sな戦慄/メイド探偵は見た!」感想 | トップページ | 仮面ライダーW(ダブル) 第11話「復讐のV/感染車」感想 »