« NOIRが実写ドラマ化!? | トップページ | 天装戦隊ゴセイジャー epic40 ストロング・アラタ 感想 »

2010年11月20日 (土)

仮面ライダーオーズ 第10話「拳と実験と超バイク」 感想

タコカン暴走させた(笑

メダルを制御出来るシステムに反応する後藤さん。2号ライダーフラグ?

ガメルいい奴。でも、ガメルのコアでは(メズールには)駄目だということは、本人のコアじゃあないと駄目だということでしょうか。それならば、アンクを維持しているのはタカ・コアとセルメダルだけ?

タトバからじゃなくても変身出来ることが判明しました。

そんな簡単に爆弾止められるの!?
手帳に解除の仕方も書いてあったんでしょうか?

研究所が大惨事に……

アンク、いつまで離れてるつもりだ。お兄ちゃんの体がー!

相当はらわたが煮えくり返っていただろうに、それでも人を傷付けなかった映司。本当に良い主人公です。

真木さん、顔(笑
そして、人形落としてうろたえ過ぎ(笑

トラカン巨大化、バイクと合体、そして暴走(笑

真木さん復活した(笑

映司のアンクに対する扱いがどんどん酷くなっていく……
散々締め上げた挙げ句に「邪魔」って……
さっき、良い主人公だって言ったばかりですが、さすがにこれはちょっとひきました。

トライドベンダー、ラトラーター以外のコンボにも対応しているなら、出番は多くなりそうですね。

知世子さんの日本語教室、いろいろおかしいんですけど(笑

|

« NOIRが実写ドラマ化!? | トップページ | 天装戦隊ゴセイジャー epic40 ストロング・アラタ 感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84615/37660204

この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダーオーズ 第10話「拳と実験と超バイク」 感想:

« NOIRが実写ドラマ化!? | トップページ | 天装戦隊ゴセイジャー epic40 ストロング・アラタ 感想 »