2011年2月25日 (金)

海賊戦隊ゴーカイジャー 第2話「この星の価値」 感想

ザンギャックは地球と月の間に司令部を置き地球侵略の拠点とした。
地球を守る義理の無いゴーカイジャーは、お宝を手に入れてすぐに地球から去るために、ナビィにその在処を占わせる。
ナビィによると黒い服を着た人間がいい事を教えてくれるらしい。
ゴーカイジャーは地上で黒い服を着た人間を探し始めるが街にはそんな人間はありふれていた。

普通に街中にいるゴーカイガレオンがシュールでした(笑

黒い服を着た人間を探す5人に学生服を着た少年が話しかけてきた。お宝の在処を知っているという少年について行くゴーカイジャー。
記念に写メを撮らせてほしいと言う少年。承諾するマーベラスだったが少年は写メを撮るふりをしてレンジャーキーを盗もうとする。
少年を取り押さえ余裕を見せるマーベラスだったが隙を突かれてシンケンレッドのキーを盗られてしまう。

宇宙海賊も写メを知ってるんですね(笑

行動隊長シカバネンを倒され不機嫌なワルズ・ギルの前に新たな行動隊長ボンガンが現れる。
一方ダマラスはゴーカイジャーが何故地球にいるのか考えていた。
キーを盗んだ少年をギタギタにすると言ったマーベラスを気にしてアイムが追って来た。「オレを何だと思ってんだ?」と言うマーベラスに「分からないからついて来たのです」と答えるアイム。マーベラスはキーを盗んだ少年を気に入ったようだと言うジョーに驚くハカセ。

ゴーカイジャーを組んでけっこう長いのかと思っていましたが、そうでもないのかもしれません。まだ、お互いに知らない部分が多そうです。

少年を見つけたマーベラス。キーを返すように迫るが、少年は、元々地球の物であるレンジャーキーは地球を守る為に使うべきだと主張。一方マーベラスも、それは今は自分の物で、命の恩人から預かって約束を果たす為に必要だと告げる。
レジェンド大戦で祖父が殺されたと言う少年。それを聞いたマーベラスの脳裏に過去の記憶が蘇る。ゴーミンに囲まれ痛めつけられるマーベラス。そこに割って入る赤色の戦士。彼はマーベラスにレンジャーキーの入った箱を託すと、一人ゴーミンへと向かって行った。

アカレッド(?)と旅をしていたマーベラス。まだ変身は出来なかったみたいです。ナビィもいましたが、ナビィがもともと誰と一緒にいたのか、マーベラスは他のメンバーといつどうやって出会ったのか気になります。

もう目の前で誰かがやられるのは嫌だと言う少年に、マーベラスは、モバイレーツを渡す。再び地球に攻めて来た、行動隊長ボンガン率いるザンギャック軍を倒したらキーを譲ると約束するマーベラス。

一般人の犠牲がかなり出ていました。今回はハードな路線でいくみたいです。
どうやら、レンジャーキーとモバイレーツがあれば一般人でも変身出来るようです。自分だったらシンケンレッド、ガオレッド、ガオシルバー、メガシルバー、レッドファルコン、レッドホークあたりになってみたいですね。

シンケンレッドへと変身しゴーミンを何とか倒した少年。しかし、行動隊長ボンガンにはまるで歯が立たず吹き飛ばされ変身解除してしまう。自分では地球を守れないと嘆く少年にマーベラスは、守りたければ別の方法で守れと諭す。マーベラスに、この星に守る価値はあるかと訊かれ、どこにでもある。海賊なら自分で見つけろ!と吼える少年。マーベラスはその答えに満足そうに笑みを浮かべた。

こういう小さくも大きな出来事を通して、ゴーカイジャーの面々は徐々に、地球を守る為に戦う戦隊になっていくのでしょう。

好き放題に街を破壊するボンガンの前に現れるゴーカイジャー。豪快チェンジし、戦闘に突入する。

変身時に飛んで来るXXXVは35(作品目)だと、言われて初めて気が付きました。芸が細かいです。
今回も、武器を交換してのアクションがかなりカッコいいですが、かなり扱いが乱暴なので、子供が真似をして怪我をしたりしないか少し心配です。

ゴーミン、スゴーミンを一掃したゴーカイジャーにボンガンが襲いかかる。デカレンジャーに豪快チェンジして攻撃をかわした5人はハリケンジャー、ゴウライジャーに豪快チェンジ。超忍法・影の舞をボンガンに喰らわせる。更に、シンケンレッド、ガオレッド、マジレッド、ゴセイレッド、ゲキレッドへと豪快チェンジしての連係攻撃でボンガンを倒した。

数が多いですから、過去戦隊の見せ場を万遍なく作るのはなかなか大変そうです。

インサーンが新しく開発した試作品の力によりボンガンとスゴーミンが復活。ゴーカイジャーもゴーカイガレオンに乗り込み再び攻撃を開始、更に海賊合体しゴーカイオーとなり軽やかな動きで敵を翻弄した。最後は必殺技のゴーカイスターバーストが炸裂。ボンガンに止めを刺した。

インサーン、レーザーの命中精度凄過ぎ(笑
ゴーカイオーへの合体、いちいち宇宙に行くの!?
うかつにダイヤルを回すボンガン(笑
必殺技は何か地味でした。ダイスオーDXのプロモで見た、レーザーを撃ちまくっている技の方が派手で良かったです。

結局、黒い服の人間という占いは外れだったのかと疑問に思うゴーカイジャー。しかし、外には、ゴーカイガレオンを見つめる黒いローブの男の姿が……

出て来ましたよ、マジレッド。これからも本人出演がありそうで楽しみです。バラエティー番組で、よく、自分がライブマンに出ていた話をしてくれる西村和彦さんに是非出演していただきたいですね。

エンディング、やはりローテーションみたいです。次の歌詞も楽しみです。

基本的に、かなり楽しめてはいるのですが、いくらくっついてくるのが鬱陶しいとはいえ、ルカのハカセに対する暴力はやり過ぎかなと思います。
不快にならないギリギリの線でギャグ描写にしようとしているのでしょうが、あのやり取りは好きになれそうにありません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年2月14日 (月)

海賊戦隊ゴーカイジャー 第1話「宇宙海賊現る」 感想

地球は最初からクライマックスだぜ!

全宇宙支配を企む宇宙帝国ザンギャックの大艦隊が地球に襲来、34のスーパー戦隊が応戦、世に言うレジェンド大戦である。

うおおー!レッドファルコン!背中で攻撃を受けるシンケンレッド!ガオレンジャー勢揃い!ジェットマン!チェンジマン!ブライ兄さん!ゲキ・ダイの拳法繋がり、ターボ・カーの自動車繋がり、カクレ・ハリケンの忍者繋がり!どストライクな戦隊ばかりがクローズアップされてるうぅぅ(歓喜

戦う力を失うもザンギャックを撃退したスーパー戦隊の戦士達。
時は流れ、宇宙空間には、宇宙最大のお宝を求め地球を目指す一隻の船。そして船員達の持つ宝箱の中には何やら人型の物体が大量に。

ザンギャック撃退の際に飛び散った光の粒子がスーパー戦隊の力で、それがレンジャーキーの姿になってゴーカイジャーに拾われたのかなと思いました。

ザンギャックの艦隊に発見されるゴーカイジャー、「上手く関わりゃいい」と言うキャプテン・マーベラス、その手には何やら鍵の様な物が……

オープニング曲、サビが覚えやすくて耳に残って良い感じです。

たった一隻で大艦隊に向かって行くゴーカイジャー。どうやら彼等はザンギャックにとっての賞金首になっている模様。

ザンギャックの貨幣価値は分かりませんが、ハカセの賞金が低過ぎます。マーベラスの15000分の1って(笑

ザンギャックの砲撃をものともしないゴーカイジャーの旗艦ゴーカイガレオン。ガレオンキャノンと衝角による突撃でザンギャックの艦隊を蹴散らしていく。更に、巨大ロボゴーカイオーへと変形合体、艦隊を全滅させたゴーカイジャーは地球へと向かった。

艦隊戦とゴーカイオーの動きには痺れました。今回、本当に力を入れてますね。

碇を下ろし地上へと降り立ったゴーカイジャー。名乗りを上げお宝について地球人に尋ねるが返事は芳しくない。マーベラスはルカの指輪を地球のお金に換金し、とりあえず腹ごしらえをすることに。
再び宇宙空間、ザンギャック皇帝の息子ワルズ・ギルが艦隊の針路を地球へ向ける。

名乗りからの一連のシーンでそれぞれのキャラが大体分かります。皆濃いキャラをしています。
ルカが大金を裸で持ち歩いているシーンは子供番組としてちょっとどうかなと思いました。

ワルズ・ギルはあまり有能そうではないですね。中盤辺りで退場しそうです。ダマラスは武人キャラ?ゴーカイメンバーの誰かとライバル関係になりそうな気がします。

今回、敵も味方もネーミングが秀逸です。どんと来いやに博士、ナビ、残虐、悪過ぎる、陰惨、黙らす……覚えやすいですね。

ゴーカイジャーが、美味しそうな匂いをさせているカレーに手を付けようとした瞬間、ザンギャックの襲撃で突然店が爆発。ゴーカイジャーはひとまずゴーカイガレオンへ戻ることに。しかし、今正に襲われそうになっている地球人を見て、故郷を帝国の領域の一部にされた自分達の過去を思い出す。ザンギャックの傍若無人が気に入らない彼等は豪快チェンジして変身、行動隊長シカバネンに攻撃を仕掛ける。

ゴーカイジャーの過去がちらっと出てきました。僅かなセリフで、何があったか大体想像できて良いですね。
XXXVが飛んできて段々スーツが装着されていく変身シークエンス、カッコ良かったです。シンプルなタイプの名乗りも良いですね。ゴセイジャーVSシンケンジャーでの襟をビッとする動作が無かったのは残念でした。
個人武器が無くても、共通武器を交換してのアクションが個性があったし、ゴーミンの数も多くて戦闘シーンは本当に見応えがありました。

倒しても倒してもキリがないゴーミンを相手にゴーカイジャーはゴレンジャーに豪快チェンジ、必殺技ゴレンジャーハリケーンゴミ清掃車を放ちゴーミンを一気に収集した。その後もシンケンジャー、マジレンジャーに豪快チェンジ、ゴーミンを一掃。最後に残ったシカバネンもゴーカイジャーのファイナルウェーブにより倒された。

ファイナルウェーブの動作も、ただ斬りつけるだけなのにそれぞれ違っていて面白かったです。

助けられたお礼を言う地球人に対して、カレーを食べ損ねたから腹が立ってただけだと嘯くマーベラス。宇宙人であり地球を守る義理も無い彼等は今後どうするのか?

新しいタイプの戦隊像でこれからの展開が楽しみです。

エンディングはポケモン言えるかな?みたいだと思いました。全戦隊分を聴かせるようにローテーションしそうですね。

掴みは最高でした。ゴーカイオーは既に買っていましたが、時間があったらすぐに追加でモバイレーツとゴーカイサーベルを買いに行くところでした。これは人気が出るでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

海賊戦隊ゴーカイジャー 第1話 簡易感想

掴みはバッチリでした!

歴代戦隊勢揃いの上色々ネタの仕込まれたレジェンド大戦、宇宙での艦隊戦にCGでカッコ良く動き回るゴーカイオー、地球に降り立ったマーベラス達の個性あふれる声明、吹き飛ぶカレー屋、カッコいい変身シークエンス、武器を交換してのアクション、レジェンド戦隊オリジナルの必殺技を使う多段変身、ゴーカイジャー自身の豪快な必殺技、ポケモン言えるかな?みたいなED、初回からがっちり心を掴まれました。

惜しむらくは、マーベラスの声が聞き取り辛かったのと、ゴセイジャーVSシンケンジャーでやった、襟をビッとやるカッコいい動作が無かったことですね。その辺りは次回以降に期待したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)